The Report of Last Night

2006.03.20 Monday 10:37
0

      「エイヤー!!」
    と力強い気合いの声が聞こえてきそうなこの場面は、昨日行われた「奄美市合併記念前夜祭」の一幕です。
    今後とも 力強い奄美 であるように、と演舞をしてくださいました、押忍
           o(^o^)o
     新極真会道場・黒帯の有段者、若い精鋭たちが披露してくれたのは、    「形・組手・瓦割り・上段蹴りによるバット割り」です。

    組み手などは、当方からするととても痛々しい音が、辺りに響くのですが、見ていると、打たれてもグウの音ひとつ漏らさず立ち向かう姿がとても力強く感じ、今回の合併に際し、ふさわしい餞(はなむけ)であったかのように思えます。

    もともと空手道とは、琉球王朝で生まれたと聞いたことがあるのですが、定かではないので、調べときます。地球  地球  地球
     個人的には、鍛錬して技(技術)を習得するといった点に、少なからず共感を覚える次第です、押忍o(^o^)o♪

     また、午後9時前後にはアーケードで行われていた「佐仁」集落の六調はグランドフィナーレを向かえ、最高潮に盛り上がっていました。YES!
    友人の子で、まだ2歳の踊れる男の子が、連れてけーとせがむので、手を離れ、手をパタパタと振りながら駆ける後ろ姿を見ていると、そのまま飛んで行きそうな、この子達が大きくなった時の奄美市は…。

     今日から奄美市。奄美市誕生おめでとう
    今日は、奄美市のお誕生日赤ちゃん

     忙しい時期を乗り越えての事だったから、忘れないと思う。
    合併に際して頑張った皆々様、本当にご苦労さまでした!m(_ _)m

    category:奄美市 | by:Paradise Amami Sao-Lee♪comments(7)trackbacks(0) | -
    Comment
    奄美市のお誕生おめでとー。
    とりあえずユエ(お祝い)よね、これは。間にあってよかったわ。

    久々に遊びに来ました。書きたいことたくさーん。でも今度にする。とにかくいつも応援してるわよー、見れないときも。

    なのでSao−Lee、ここはひとつ、引き続きホットなのをお願いねー。

    慌しくお邪魔させていただきました。

    ちゃお
    • くみレンコ
    • 2006/03/20 10:57 PM
    >くみちゃん
    元気ないね?
    どしたの。
    私は元気やで(^-^)b
    何かといろいろ短期間で詰め込まれ大変勉強になってます。
    You make me feel brand new.God bless me WITH YOU!!!
    イベント3つの件で一機に集中されたもんだから。4つか。
    何かと分かれば今後に役立つのでしょう

    NIPPONに帰るの??
    友達の子2人、付属の小学校行ってるけど、内容は最高!でもご近所が大変だって。
    負けるな〜〜〜〜〜〜〜!!!

    ちゃお、CHAO! BAMBINO!!! o(~o~)o   Love

    • Sao-Lee♪
    • 2006/03/21 7:54 PM
    奄美市二日目はいかがな感じでしょうか?イベントお疲れさま。Sao-Leeのような元気なお姉さんがいてくれて、奄美もさぞかしうれしいだろうな。しかし常に学ぶ姿勢のあなたに脱帽。

    それにありがとー、そうなの、元気ないんです。どうしてわかるの?気が乱れているというか、このところこういう調子なのです。はい。
    あなたのブログ隅々までじっくり読みたいのに集中できないし、短歌の話題にも触れてみたいのだけど(「制服」深いわー、素晴らしいよ)…また今度じっくりね。
    でも大丈夫よー。今はそういう波に漂われていればそのうち元気になるはず。まだまだイケルわよー。ありがとね。

    それから、そう、来年からうちの子小学生なので、NIPPONに帰る予定。いつごろになるかは学校次第なの。貴重な情報ありがとー。ちなみにお友達のお子さんの学校、付属って国立大のそれとも私立大の?ご近所大変って、公立小に通っているお子さんのご家族との兼ね合いかしら?知ってたらおしえてね。
    (私のコメントいつも音楽に関係のないもので申し訳ないです。)

    それじゃ、またね。

    ちゃお


    • くみレンコ
    • 2006/03/21 10:09 PM
    >Bambino
     お引越し大変ね。そちらは「大移動」てカンジじゃない。
    子供も小さいし、手引かなあかんし。
    私も波は大小あるよ。
    ゆっくりした結果です。
    19日も定休日だったので、夕方からゆっくりして…。

     2軒とも国立です。大阪市内と北の山の方。
    大阪市内は、送り迎えは車がだめで、母がヒールはいてても近所からクレームがあるんだって。
    通学範囲圏内は30分、のやきもちよ。怖いね
    もう卒業。入学当時にいろいろ聞いたよ。怖かったー。

    もう一軒は、池田市も近いせいか、校門にコンテナがあって警察官が2名常駐してるんだって。
    毎日車で送迎してるよ。
    入学して間がない。
     最近イジメのターゲットになりそうだったみたいで、その内容は私らからは考えもつかないような話で…。
    で、そいつら「家に呼べ。」ち言ったら「ちゃー。」ち。

    本人が、完全否定したら、解決しつつあるみたい。
    私は最近、島内外を問わず社会の縮図を見たんで、いくつになってもあるんだなーと思います。
    そんな中、いろんな光明もありですよ!!!

    親御さんにとっては心配も尽きないでしょうね。

    • Sao-Lee
    • 2006/03/22 9:13 PM
    >Bambino
    How are you doing?
    こういうノルアドレナリン系の話は、非常に疲れる事を知っているので、来てみました。
    何かと疲れる話が多かったからね。

    島んチュには「すっとごれ」よ
    それと、「出会い」は素晴らしいよ。

    Wild world But wonderful world よ

    • 2Z
    • 2006/03/23 11:31 AM
    あのぉーBambinoって私のこと?
    洋服のサイズは確かにBambinoだけど。。。まぁ、あのーありがと。。。親しげな呼び方でね、それもいいかもね。

    とにかく、情報と励ましのお言葉ありがとね。現実を知ることが出来てよかったよSao−Lee。2Zも(だれかな?)。
    何だか大人も子どももだんだん陰湿化してるような感じね。そんな世の中でたくましく、楽しく生きていくには、やっぱり島っ人の哲学(すっとごれ、てげてげ、かなしゃなちかしゃ)を取り入れるのが一番ですね。あー島に生まれてよかった。とりあえず、明日からも「てげてげにすとごル」ね。

    2Z、確かに「出会い」は素晴らしいね。一人の人とのヒョいンな出会いから、Bambinoは今日なんと、極東鉄道大学日本語科の学生の発表会で審査員を勤めさせて頂くご縁がありました(在住年数が長いというだけの理由でしょうきっと)。素直で明るく、ハングリー精神のあるパワフルな学生たちに触れ、ノルアドレナリン分泌量が減ったような感じ。この国が、キラキラ輝くこの若者たちの未来を裏切らないことを切に願った日でした。

    Sao−Lee、そういえば、時差は日本時間にプラス1時間よ。夏はプラス2時間。日本より西だからマイナスのはずなんだけど、緯度の関係でそのように調節してるのかもね。ちなみに日本が満月の時はこちらも満月よ。月いいよね。雲りがちな冬は、Ryo Beppuさんの「月夜のアダン」に脳内を洗ってもらってます(ロマンチックな表現じゃないね)。

    それじゃ、ちゃお

    P.S Sao−Lee=2Zっち思っとったけどちがうの?
    • Bambino?
    • 2006/03/25 10:26 PM
    2Zちば、ワンど。
    (^^*)

    >Allo!Bb
    そっかー。審査員お疲れ様(*^^)/
    日本との差はあまりないんだね。東かー。
    「大日本帝国」みたいだね。ゴルゴ13が出てきそうだね。
    ZIPANGち何語かい?
    ロシアと日本てご縁があるようね。
     実は10年前ですが、生のコサックダンスを見たことがあります。あれをやるには鋼のような肉体が必要みたい。
    それはある武道の団体の国際大会が大阪でありまして、島のご縁で奄美で合宿を済ませた選手の英語での通訳を頼まれ、その打ち上げでのことでした。
    場所がやはり島んチュの経営する心斎橋のディスコだったため。
    私が通訳を務めたのはドイツ人選手ですが、国際大会のためロシア人のご一行のボスと席がお隣で話しましたが、指の貴金属が印象的でしたー。当時ロシアの情勢は悪かったはず。
     その前に通訳したお嬢さん方3名の時は、私は仕事で、そのご一行は昼間「大仏」を見に行ったーというので、補足で説明した時、Statue of ブッダ is…in 生き仏の爪や髪などが入ってるー、で、(生き仏)を私、 Living deadと言ったのよー!!(^^;)すまん!勉強不足で!
    連れてってくれた人はみーんな島んチュ。でも誰もしゃべれないの。アタシも出来ないながら一生懸命がんばりました★
    だってー、彼女らにとっては島代表になるでしょ?
    その彼女らはスイス人で時々方言しゃべるのよ、内輪で。
    故アンディ・フグさんの後輩で、私も食事に同席しちゃいました。でも門限ですぐ帰ってったよー。
     彼女らをホテルにお送りしたら、その中の一人が(どこに泊まってるかアンディにデンワするー)ち言うもんだから(私のケータイ使えー)切った後受け取って、(Andy's number?v^^)ちGETしたー、みたく言ったら1回転して喜んでくれたわ。和ませてあげれてよかったー。

     そんなこんなで商店街のイベントも主宰に直訴。


    あたしも島に生まれて本当によかったと、あちこち見て思います。

    Bambinoは、よくイタリアンが口にする、「BABY」みたいなもんはず。。

    今日はぉフランス語読みで、べーべーにしてみました。
    びー○゛ー と読んだ人は 島ツウじゃが!

    over


     
    • Sao-Lee
    • 2006/03/26 1:55 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM