ぷちうふ

2008.04.01 Tuesday 01:14
0
                    



    アタシには、淋しい時にすがるなれ合いもなく、金をくれる旦那もいなく、頼る胸も無いが、
    振り向けば、少し距離をおいて、少なからずエールを送ってくれている人がいっぱいいる事に気付いたから、
    気付いたこの日は、ぷちうふDAY (^-^)v ♪

    なれ合いがいて、悪態ばかりついていたら、どん底から→奈落の底に落ちていたかもしれない。


    そんなとき、元気玉を見た、もらった。

    ありがとうゴサイマス 〇┓ペコリ

    これからもがんばってみマース 、島マース o(^-^)o

    なんか、ポジティブシンキングが出来る本日でーす ウフッハート


    なんというか、人の温かい気持ちに感謝! (^人^)です


    そんな私の今の練習曲は、
     LOVIN' YOU
     ALL OF ME
     SENTIMENTAL JOURNEY
     てぃんさぐぬ花
     SAVING ALL MY LOVE FOR YOU
    です。


    よろしくゥ (^_-)y-☆

    練習…っていっておかないと管理局がたいへんさー
    迷惑はかけらんないからね☆

    もう、一日になりましたね

    早いものです☆彡

    今日の内容は、エイプリルフールネタではありませんよ
    今日(昨日)昼頃から、人の好意・厚意を噛み締めていました。
    がんばりまい!

    では、エイプリルフールネタを一発。
    (近頃はさっぱり聞きませんねー、死語ですかね)

    「私、来年 結婚します!」


    もう、これぐらいにしといたります(^^;)

    来年の事を言うと、鬼が何とか…、と申しますし。
    そこが狙いどころのおち

    じゃ、
    また。(*^^)/バイ

    あ、専業主婦経験の方には、特にご好意をいただき、学ぶところもあります。

    みなさん。ありがとうm(__)m


    写真は、昔懐かし『キティボン』ちゃん♪ですニャ

    今の待受… だニャン  おとといから

    こうみえて、アタシはたいした〈鼻フェチ〉なのだー

    も寝ます☆ グンナイ(^_-)y-☆


    Sting-If You Love Somebody Set Them Free

    2006.09.13 Wednesday 22:18
    0
       これもPlay list にっ…と。
       後でいっぱい語ってあげるわ(*^^)/〜ハート
       
       と、そのまま置き去りにしていたので、編集し直しデース♪
      「編集」なんて、言葉がふさわしいのかどうか。どうか、どうか…(*^^)/

      STING、ポリスより一脱してニューバンドを結成しました。時は1985
       Mm〜、かっこよかったわァラブ
      私はね、当時15歳でクラスの男子が持っていたアルバムのジャケットを見たその瞬間、頭にが落ちたんですよ。
      みんなも見てみィ、それがコレ
       THE DREAM OF BLUE TURTLE ブルータートルの夢/ STING

       参加ミュージシャン
       オマー・ハキム Drums
       ダリル・ジョーンズ BassGuitar
       ケニー・カークランド Keyboards
       ブランフォード・マルサリス Saxophones
       スティング Vocal,Guitar

       驚いた。ジャズシーンからの名プレイヤーばかり。ドラムは元ウェザー・リポートより。ブランフォード&ウィントン・マルサリス兄弟は若手の名プレイヤーとして活躍中でこの共演により更に注目を浴びる。

       ★プレイしてみて★
       最近本当に久しく音楽書を読んでみた。そこにはジャズの成り立ち・編成法があり、こうである。
       まず、テーマ(日本語ではサビ)をメインとなる楽器が演奏。その後各プレイヤーが楽器ごとにテーマの中のコード進行を使いまた演奏していく。ルートはキープちゅうことね。それだけ。
      しごくカンターン。
      なるほど。だからそれぞれが独立して見えるんだ。なるほど。
       だからこの曲はJAZZぽく聴こえるんだ。
      音楽書を読んだのはつい先月。基礎のリズムの教則本ね。こんなの読んだの20年ぶりよ。

       これを練習中にみんなで言ってたことは、
      ♪それぞれ独立した音の構成、絡みを表現、歌詞はメッセージっぽく残したい。
      とにかく、カッコよく!!グッド
      ということでした。歌詞は「愛しているなら自由にしておやり
      というシブくカッコイイ寛容な内容なのです。
      私とTKMさんとTOYODAさんがStingファンなのラブラブ3人ともバリバリの硬派デショ。
      あ、自分で言うなっちたらーっスンマセン、ハイ。

       アタシは女なので、声出すのにチョー時間かかったー。キーが合わなくて…。
      でもいろいろやってみて、Soulっぽく歌うのが一番合うかなーとソウルフルにやってみました。。。歌詞の内容はホントにアツいんで。
      男性の歌は難しい。でもチャレンジしがいがありましたよ。この夏は。
      お陰さまで。m(_ _)m
      声出すのに精一杯で、この曲歌うためリードするのを忘れたぐらい。頭っからぶっ飛んでリーダーするの忘れたわけ。
      商店街祭りで4曲目のこれ歌わずに終わってブーイングっすたらーっ
      もう済んだことだけどぉ。汗

       えー、この曲は去年からDrumsのTOYODA氏の提案で、今回ベースのTAKUMI氏の選曲によるものです。
       IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE / Sting
        P.V. Director Godley & Creme




       新生パラダイス・アーミーはいかがでしたか?

      僕はここに…、そこに

      2006.07.07 Friday 12:15
      0
         よーし、そろそろ Play listに入れちゃおう。

         新生パラダイス・アーミーがお届けする Queen number

         NOW I'M HERE
         QUEEN





        The Sweetest Taboo

        2006.07.01 Saturday 16:32
        0
           なんと!台風3号発生!!!
          不穏な動きをしております

          雨、雨、雨。
          そんな時はこの歌で
           SADE
          THE SWEETEST TABOO




           SADEを語らせたら、もー長くなるっちゅうか、聴くのが一番ですよ。この方わ。
          大事なのは、アナタの感じ方。。。ラブ
          その心に何をお浮かべになるのか…。
          あまーい、あま〜〜い TABOO なワケですよ。

          以前に出てきた
           Everyday is Christmas and every night is new age eve という
          フレーズは、この歌のものでしたポッ

          ブログも長くやると楽しくなるね♪
          おすすめしますよん


          この歌は、「大浜サマーフェスティバル」でお披露目予定です(*^^*)

          台風どーかい???????
          ねー、お願い。来ないように祈ってて-★

          バイビー(*^^)/〜♪


          美しい発音 dekirukana

          2006.06.30 Friday 00:10
          0
             はろー、みなサンお久しぶり
            ご無沙汰しちゃってごめんね!

             とりあえず、今練習中の曲を
            ワタシの好きな
             Led Zeppelin
            WHOLE LOTTA LOVE




             
             ジミーペイジ&ロバートプラントです。
            ロバート・プラントの魅力は、地声のようでそこまで出し切っていないところです。
            これで品位が保たれウケてる秘密ではないかと…。
            B’ズのサウンドとボーカルにも敬愛度が計れます。
            ワタシもがんばってやってますが、思いっきり喉を開き、その感覚を体に叩き込み覚えようと必死です。たらーっいくら歌っても声は枯れませんよ。ましてや声がきれいになったかのようでもあります。
            歌うと、足にキマス。ふくらはぎあたりに。
            気にしてたシワも出てなかったですね。やったー\(^0^)/
            でもどんな顔してるのかは知りません…。ナンマイダ。
            女を捨てたつもりではありません

            難易度レベルHiです

             音の色について
            最高は「紫」です

            後はまた今度。
            現在の進行状況についてもあえてノーコメント

            7月9日 日曜日
            大浜サマーフェスティバル 出場予定です
            時間は、夕陽が落ちる頃 です

            大浜の夕陽はきれいです!!!!!最高に


            それと、バンドの話はまじめなアソビなので仕事中にはほとんどしません
            以前イベントに来てくださった方や聞かれたりすると答えますが。 

            ボーカルは、「発音・感情・ピッチ・リズム」っと。  おし。 

            あとひとつ…。

            2006.06.20 Tuesday 22:58
            0
               もう1曲ありました。1時間で9曲させてもらったんだよなーと回想しつつ、
               Killing Me Softly / Roberta Flack
               あのコーヒーのCMで有名な曲です。
              ロバータフラックは That's the time Feel Like Making Love to you♪が特に好きです!

               MA・YASCOでさせて頂くに至ったのは、遊びに出かけリクエストなんかしたりしていて、ワタシそれ歌えるわ〜^^とかで歌ったりで、ピアノにセンセの目に留まり、オーナーさんご夫婦がいらっしゃる時わざわざ呼び出され目の前で歌わされ、すると翌日職場に電話があり、今度歌っていただけませんか?と依頼があったものです。
               ステージの3ヵ月も前に連絡いただき、感謝してます。
               まだ遊ぶには早くないかなーと思いつつ、謹んでお受けいたしました。
               その時点からバンドしよー♪の声はありまして、それもこれも全て神の思し召し!出会いと導きに感謝しています。
               MA・YASCOのあの夜から早5年。来てくれた友達たちにも感謝!
              パラダイス・アーミーも活動から早1年余り。
              当バンドはわずかな期間でレパートリーもこんなに増えました拍手
              みんな「音」に対して真面目なんですよ…。
               ’06現在 Paradise Army 11曲
                   Standard number 9+1曲

               この まとめがしたかったわけ。イヒヒ よろしく!

               ではまた、ごきげんよう!アディオス★

                Lee Hyori
              KILLING ME SOFTLY

              I don't know about her
              but Good Perform and
              Good LOOKING




              I get misty in too much in Love

              2006.06.18 Sunday 19:58
              0
                 昨夜は入れ替わり立代わりいろんなvibesを感じさせられ、まだ腰に余韻が残っておりますが、お誘いもあったことだし、たまには行かんとねーということで久々Reggaeのイベントに行ってきましたー。
                これがReggaeのRYTHMなのねーと教えられました!
                詳しくはこちらと、コチラをどうぞ!!最年長かと思いきや、いっぱい居ましたー、熟が。


                 さて、"MISTY"という歌。
                ご存知ですか?スタンダードJAZZではお馴染みのこのナンバー。
                大好きです。
                この歌に出会ったのは、もうだいぶ前…。ほんとに思い出せない…。
                腰の余韻のせいかしら…(-_-;)     私の腰、一部に定評有りです。わりとウケマス。一部に…。
                よくいろんなタイトルに引用されるこの"MISTY"という言葉。
                ずっと気になり手に取った瞬間購入したかと思われます。
                    
                歌詞の一部を省略しながら紹介しますと、
                 I get misty just holding your hand
                 Walk my way, and thousand violins begin to play
                 Or it might be the sound of your "Hello".
                 That Music I hear I get to misty the moment you're near
                 You can't see that you're leading me on
                 But it's just what I want you to do
                 Don't you notice how hopelessly I'm lost
                 That's why I'm following you
                 On my own would I wonder through this wonderland alone

                 I get to misty in too much in LOVE

                 Misty(霧がかる)つまり、好きなひとを見ると霧がかったようになり、
                それは恋してるからだ(中略) という歌。(中略部分はあなたに任せます)

                 以前、遊びに出かけたJAZZ BARにて。遊びで私が歌うことになり、後輩にあたる英語の分かるjazzも好きというあれから海外に行っちゃった女の子と一緒にお店のバックルームで楽譜を選びながら彼女に、
                「わたしこの歌好きなのねんハート
                とか話してたら、
                「私も好き!」
                 えーっ?そんなに好きな人いたの?!!
                 うん!!ハート(涙涙)
                と意気投合し、Hugハグポロリしたことがあります。
                いい思い出ですねー、なかなか。

                 本日は"Lovers Concerto"など低音の魅力で知られる Sarah Boughan.
                私には到底真似もできません。
                今は、サラ・ボーンが好きというより、"Misty"という歌が好き、なのです。
                ですがサラ女史、NETでチェックしてみますとサンバなどもたっくさん歌っていらっしゃるようで、今後追っていきたいCDひとりです。

                 いろんな方が歌っています
                 MISTY
                  song by SARAH BOUGHAN 





                My favorite Jazz

                2006.06.17 Saturday 00:19
                0
                   Jazzってたのはいくつかあります。
                  周りでジャズを聴くひともあまりいなかったし、私の知識も低いのですが、
                  耳で聴いてて私が惹かれる女性はヘレン・メリル。日本でしか売れないとの声もありますが、その理由はおそらく日本人の発音域に彼女の声が合っているからだと思います。
                  世界の言葉の「発音」で声色が変わるので。
                   私も聴いてて飽きない一人。
                   まだ若かりし頃にエラ・フィッツジェラルドや有名どころを聴いてみたけどどうもしっくりこない。あのある程度楽譜に忠実なところや、声を自制させるような歌唱法も日本人気質に受け入れられやすい理由のひとつではないかと思います。『歌手』としての時代背景もあるのでしょうね、高度成長期の『歌手の華やかさ』です。
                  私には色でいうと Royal Blueのイメージがあります。そんなんが好き。
                  悲しみのBLUEにぶち当たることもあるJAZZの膨大な世界はかなり前から探るのを辞めています。本当に膨大だし、趣味の世界からは少ーし遠のいていましたし。

                  そんな中でここ数年でいいなと感じた方はチック・コリアとジュリー・ロンドンかな。
                  感覚で歌えるってすんごい!!びっくり
                  チック・コリアとかは新世界です。日の出
                  Jackson5のマイケルもすごいですね。
                  これからもいろーんな音に会ってみたいなーーー。パクッ
                   そこまでになるには厳しい修行と秀でた才能が要るわけで、そんな博打を打てる勇気は私にはありません。(^^;)
                  ただただそこに居る方々とよい空間づくりが出来れば満足でございます。m(_ _)m

                  -まとめ- 単独でさせて頂いたナンバーは
                   LOVE SQUALL / Fujiko's LOVE THEME
                   ALL OF ME
                   SEND ONE YOUR LOVE / Keiko Lee version
                   CALLING YOU
                      以上 演奏ピアノ by SHIZUKAハート @MA・YASCO
                   SOFTLY AS MORNING SUNRISE
                   YOU'D BE SO NICE TO COME HOME
                   BYE BYE BLACKBIRD
                   MISTY
                      Played @MA・YASCO by LUNATICKS
                   LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
                   SEND ONE YOUR LOVE
                      Keyboard by Sei-do @GM Cafe,ASIVI
                  ありがとうございました。
                  本当にどんどん「いい音」に会っていきたいなー日の出

                  ということで、本日はJAZZ。
                  恥ずかしながら私はこの方に全く見識がないのですよ。
                  いろいろNETで探しましたが見当たりませーん、すみません。
                  でもとっても楽しそう、HAPPYそう。てれちゃう人のそういう顔を見るのっていいですよねー。

                   New Port Jazz Festival 1958
                     Dinah Washington
                      ALL OF ME 





                  >甘鯛
                  アマダイさん。Monday にAを付けた賢いアマダイさん。
                  今日はありがとうございました。いつもありがとう。(*^^)/
                  お茶も出さずにちと後悔しております。。。
                   「紫」って青も赤にも偏ることがありますよね。
                  私はむっかーしに(恋ってムラサキ色なんだわ。。)嬉しいバラ色と悲しみのブルーが混ざった色。とためいきしたことから、
                  憂いが多ければ青紫系。
                  HAPPYが多ければ赤紫系。
                  音や曲調によって使い分けることが出来ればよい、と解釈してよろしいんでしょうか。
                  多分これでいいのかなー、と自分なりに思いながら…。
                   しかも音の太さは=色の濃度 で表される
                  ということですかね。。。
                  楽しいお話ありがとうございました。
                  新たな見識を持てそうです桜

                  本日のおすすめ
                  ♪そういえばっ、「声」に圧倒された方がいます。
                  奄美の島唄者、朝崎郁江様です。
                  DEEP BLUE です。
                  深ーく包まれたい方はどうぞ。
                  LUNA SEA のギタリストSUGIZOや、ゴンチチの松村さんなどと共演している「うたあしぃび」をおすすめシマス。

                   できれば 奄美に来て飛行機船買ってください。(*^^*) よろしく!

                   海が見たくなったら 奄美 に来ればーてれちゃう

                                     今日はここまで♪

                  I am Calling You

                  2006.06.10 Saturday 21:33
                  0
                    もう1曲ありまーす、てれちゃう パラダイス・アーミー 初のライブで歌った Theme from Mahogany:Do You Know whereare you going to / Jennifer Lopezだいぶ以前に見たライブVでは、この歌にかなり思い入れがあるようで…。
                     昨夜私はJ−Loと同い年であることを知りました。  まだいける、 かいー?



                    ではでは、今度は単独で動いていた頃のナンバーから
                    伴奏は Lunaticks & SHIZUKA
                    尚、私のビブラートは、聴いてくれてた人達の意見とボイストレーナーにより却下!されました。マル○


                    素敵な映画でした。
                    The sound track Bagdad Cafe
                     JEVETTA STEELE - CALLING YOU



                    波の音とレ二クラ♪

                    2006.06.06 Tuesday 20:43
                    0
                       ふぅー、疲れた(^^;) もう何曲歌ったかな。。。(歌ってない!たらーっ

                      本当は、1週間で終わらすつもりでしたのよ。で、休憩入って、Talk
                      にいって…とのつもりでしたが、But,長々と。。。
                      今で何曲かな。  モレはないかな。

                       こういうことには 集中力 がいるもんですよ。
                      そろそろ、ボチぼち いかせてもらいましょうかね。。。

                       とお断りもいれたところで、、、。

                       今度は“レ二クラ”! 正式名称 Lenny Kravitz
                      90年代を疾走し、今もなお活躍中のレニー・クラヴィッツ。
                      近頃ではもの凄い落ち着き、貫禄を見せております。
                      でもどこか繊細さを失わない輝きがありますね、彼。
                      画中の彼って、とってもスリムで柳腰。
                      時代は確か 「フェミ夫くん」 とかの言葉が流行っておりました。。。
                       私の後輩にも良く似た男子がいましたよ。首にスカーフ巻くのが上手で、パンタロンで胸出して。。あれはまさにFemmiでした。。。        Fade out


                       この曲のギターの音色はとても「自然」や「」にマッチするのでしたー。夏の大浜での思い出のひとつ。
                      ウチのシンセ担当が好きな曲。
                       いってみまSHOW!!(*^^)/

                      LENNY KRAVITZ
                      It Ain't Over Till It's Over







                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM