琉歌できてまーす2

2008.01.03 Thursday 23:58
0
    先程の
    合いの手以下の別バージョン♪

    ケンケンガクガク♪
    良くなるカンジで
    宴にゆらえば
    花咲く咲く

    ケンケンガクガク
    宴にゆらえば
    話しに花咲き
    唄も出るよ♪


    チャンチャン♪ (もちろん サンシン♪)

    私の行ってる 琉歌カルチャークラブのご指導によると、
    先人の苦労を忘れずに 8・8・8・6形式で

    書き込むのが、本来の唄学問ですのよヨyo〜 ∈(*^^*)∋

    とのこと。
    なるほど、「口説」か?
     口説=昔のラップ♪

    ならば、(砂糖)が一般庶民に広まった江戸時代の砂糖造りは、徳川に嫁いだ島津藩 篤姫の持ち込んだ砂糖により潤った
    砂糖作ったのは奄美人。

    いつか詠んでやる。
    元々島唄にあるかもね

    今日、TVで「和菓子スイーツ」学問特集やってたよ
    中で、砂糖が輸入から国産に変わり、広まった。と。
    その時思いました。
    奄美かも。

    今日は休みで、私は3日分のゥワンフィネ炊いてたんですよ。
    明日っから仕事だから、作りながら耳に入ってきましたよ。
    ぅえーい。
    仕事がんばるぞ。o(^o^)o
    唄ったしー。



    私の願いは、
    今の奄美が奄美として独立潤うこと。

    そのためのパラダイスアーミーの名
    ですのヨyo ∈(*^^*)∋

    毎日たいへんだよね、この人口では。


    まだ言いたいことあるけど
    今日はこの辺で



    (*^o^)/パイパイ


    ぁ、また不思議ちゃんち言われた
    いいけど(*'-')

    ホムペ歴は5年の間に2回いわれた (''*)v

    私の今年の抱負は、
    glass持って乾杯して下さる方のお名前覚えることと、握手すること。

    昔はいっぱいしてたのに、握手。
    せっかく寄ってくださるんだからねo(^-^)o

    空手やってた男が言ってた。
    目上からの握手は両手で受けるのが常識。
    がんばろう☆


    それと、奄美んチュには
    もれなく (*^3^)☆ chu♪
    の顔文字がついてくる☆
    去年はいっぱい作ったな顔絵文字。ォホホ

    では、
    おやすみ
    グンナイ☆ (^o^*)/

    今日もありがとう♪

    愛し = かなし

    2007.11.25 Sunday 23:58
    0

      いただいちゃいましたハート(*^^*)

      Honeymoon土産ですぅラブ

      ♪どぉれ、 ひとつ食して…

      や〜ん、甘い〜(*^3^)♪

      これをくださった姫様は、
      結婚しても 姫様なのでした♪♪♪.〜

      そう言うと、やはり姫様らしさを失わない 姫様なのでした。。。

       がなし!グッド

       ガナッシュじゃあないよ、マカダミアだよ。


      注 *がなしとは、与論で言う「ありがとう」の意。
      じゃあ、トートガナシは?
      尊々 ○正解!
      ガナシは 「愛し」と勝手に思っている。(前にも言ったよね?)

      尊々がなし は昔は沖縄でも使われていた。
      首里の国王に対して使った記録があるそうな。
      がなしは〜様 で使います。
      首里国王は首里天じゃがなし

      言語学では古語ほど奄美&沖縄は類似しておるのう。


      わらわは月夜で歌うのみ…。

      マイ 琉歌 No.2

      ニライカナイへの
      途(みち)は険しくも
      なんでもないよと
      笑っていこ
      o(^o^)o
      (*^^)/〜♪.

      ↑昨夜作。
      満月だったであろう…。


      王様が出てきたのも姫様のおかげ♪

      THANK YOU、 姫 & GUY♪


      「歌掛けの夕べ」に行ってきました

      2007.11.22 Thursday 23:38
      0

        こんばんわ。
        今日の島は寒いですね


        昨夜は、「奄美歌掛けの夕べ」なるものに行ってきました。

        だいぶ遅れて行き、話しは聞けなかったけど、
        シマグチ分かると更に面白いはず☆

        写真は、男女が輪になり唄を掛け合い、踊るとこ これが「八月おどり」

        始めはゆるやか〜♪なリズム。
        そして、だんだんテンポアップ、人々はヒートアップ していくのだった……。

        実は私、八月おどりを最初から見るのは初めてで、
        とってもカッコヨカッタです(*^^*)イッテヨカッタ

        写真は「浦上」集落の皆さん。
        客席から躍り出る人達

        ゆかたには「うらかみ」と書いてあり、
        「地名」にも興味が出てきたところです☆☆☆


        できました…  Feel like Makin' 琉歌

        2007.11.21 Wednesday 00:05
        0
           遣唐使船どうやら、600年〜800年代に来ていたようです。
           ↑奄美大島って出てくるから見てみてね☆

           昨夜あれからベッドで作ってみましたヨ。

          無理してやりすぎると 毒になりそう
          そうそう。
          うたは、 Just a so so.
          It's my first 琉歌

          BEGIN って『琉歌』だったんですね♪
          Let's Begin! To Make up to 琉歌ラッキー
          みんなも作って歌いましょう

          マーランランラン
          マーランランララン
          つくりていーなく
          影知らず

          それでも憧れ
          ゆーめーにー見る
          プリーズsailオン
          マーラン ランララーン

          晴れ渡ーる日も
          雨ーの日もーー
          浮かぶその姿
          会いーたくて

          逢いーたーくてー
          漕ぎ出したーくて
          心を飛ばすよ
          夢漕走




          『奄美大島〜沖縄を渡っていたマーラン船に想いを寄せて』
          なお、『琉歌』の作り方についてはこちらをどうぞ♪ 「文化向上委員会」

          Run! マーラン RUN!

          2007.11.20 Tuesday 00:57
          0
             どーも。先日女子高生の前で鼻をフガフガ、興奮しきった犬のマネをして以来、人前でヘン顔できるようになった Sao-Leeです♪ (^^)/ドーモ
             ↑ステージでの(メンタル)に役立ちますかね?!

             夏にどこかのコメントにチラッと書きましたが、今日は夏頃私がハマッていた「マーラン船」のことに触れます。

             先月、NHKの世界遺産の番組で出ていたベトナムの港町・ホイアン。
            きれいな所でした。

             そこに出ていた船には「目玉」が描いてあり、マーラン船に似てる(☆o☆)

             漁港に揚がる魚には「シビ」がいました。
             丸々として…

             そこには「絹織物」がありました。(蚕の女王)と呼ばれる人の大きな大きな墓があり…。
             シルクロードのひとつか…?
             その再現された「春色」のドレスはチョゴリにも似て、襟は着物の様に層があり、体にフィットしスリットがあり、美しかった…!
             現在は戦争により器具を焼かれ生産中止です

            ガイドの方も綺麗でした。
             顔も、モンゴルより日本人に近かったですよ。

             「マーラン船」 幼い頃見たブルース・LEEの映画にも出ていたような。
            あれは舞台は上海…? あれは小型ジャンク船。

            ・マーラン船(山原船)
             18世紀、琉球王朝で活躍した帆船。奄美大島住用市集落の名前の由縁はこの帆船交易による「市場」だったことから
               
            かわいい目玉は シャチなどの巨大生物に襲われないようにとの先人の知恵か?



             



              

            ・進貢船
             14〜19世紀に対中国交易のため使節を派遣するために用いられた琉球王国の官船。 全長31m。
                  
              











            や〜ん、萌える〜ラブ (*^3^) 

             本日は、リンクアップしようと思ったんですが、たくさんたくさんあるので、お楽しみ用に(私の)写真をはるだけにしますハート
             9月20日まで沖縄うるま市で博覧会をやっていました。(心だけは行っていた!涙)
            夏はもっとたくさんアップされていて、 
            現在は船大工はいなく、親子3代により復原するところまで読んでいます。
             興味のある方は是非どうぞ。


            ヾ(^▽^*)ノ)))=3 マーラン・ランララン♪

            マーラン船が18世紀、進貢船が14〜19世紀だとすると、
            喜界島の遺跡にある11〜12世紀頃の船は?
             
            「ジャンク船」1000年以上前に中国で作られる。のようです。

            尚、ベトナム・ホイアンは
            ポルトガル・オランダ人・中国人・日本人・が来港した国際貿易港として繁栄。
            こちらは400年前に和船・朱印船が来航

            私の頭にあるのは、古仁屋の知人が言っていた私の祖母の曾祖母はオランダ人なのよ
            という話と、
             喜瀬にはイギリス人が居たという話をきいたばかりで、これがもし「アイリッシュ」だったら?!
            という空想mix.

             あと、笠利の辺留(Belle)の名前の由来を、ベル出身のお友達に調べてシェアしてほしんだな、これが。
             奄美群島から集まる高校に入学して、その名前を聞いたときから、私の社会の窓も開いたようです


             今日は、アイヌと奄美のきものが一緒デザインだったという未確認な情報を確かめるべく、長浜の博物館に行ったけど、美術館や博物館にありがちな月曜休館日でしてん… ハァ(.. ) やっぱり

            海洋のお話は 切り無く続きます。。。。
            寝らんなくなるよー。

            こちらは、夏にイケテル美容室ピチカートにお目見えした絵です。
              貼っちゃいけないのは分かってるけど、ちゃんと買いましたヨ。
             ポスターですけど。。。
             前から好きな絵で、同時期ラジオに出てくれた世界3周したセーラーマンとギリシャの話で盛り上がったからさー

             海の方向に貼っています。
            下のは王族を乗せた船のようです。

             あと、友人が沖縄県との交流・視察に行かれたときに、行政がエンターテイメントを支援しているのがすごかった。とのお話を伺いまして、
            そうすると、沖縄のcleverなイケてるガイが、
             琉球王朝には、全ての芸能を育成支援する ○○省みたいなものがあったのです。と教えていただきまして、インスパイアされ、感謝します。

             琉球とは、書くまでもないですが(沖縄・奄美)ですよね

            だから島っちゅ 音好き が多いのかなーと。。。
            それともこの気候のせい?
             音楽と繋がったところで、
             よろしくお願い島んちゅハート (^_-)-☆

             マーランランラン♪ ←8語ですね… (^-^)

             去年のワタシの着メロは Chiristphor Cross / SAILING でした

            『琉歌』ついて

            2007.11.06 Tuesday 23:08
            0
              8・8・8・6形式
              で唄われる『琉歌』でーす♪

              奄美以南、琉球地方に伝わる「唄」の形式です♪

              ハチ・ハチ・ハチ・ロク
              俗に サンパチロク♪とも言う。

              (琉歌りゅうか)で検索すると、たーくさん出てくるよん♪

              古典における「歌」はこの形式だったとか。。。。。←受け売りさー(未熟於調)

               今回言いたいことは、
              奄美の島唄は、
              古典の歌詠みのように 歌には歌で返す!これが基本。
              そして、なにより(自分の唄を詠む(唄う)のが基本)というこの2点ちょ!

               このこと、
              「ボーカルやりたーい。」と言っていた若いメーンに教えてあげたい。
              あのコ、声出しに連れてってあげようかな。。。
              ワタシも練習になるし。(*^^*)v


               歌は 表現だから、自由でイイと思う。
              やっていく上で良い流れを体得できればいいんじゃないかな♪
              でも琉歌は、
              基本が(シマグチ)の流れ、イントネーションの(RHYTHM)なので、
              それがあることを忘れず行う、挑むべし!

               島の若人よ。期待しておるぜよ。←なんで土佐弁?気分は幕士

              島ッチュは すっとごれよ。 行けよー。
              燃えれ。
              楽しいエネルギーを溜めて放とうではないか!


              Ex.1

              1234 5678
              シンギン サオリー♪
              シンギン Everyday♪
              シンギン in my mind
              ч123456
              Singin' LOUD!

              ヨロシク!(-_- )b

               Sao-Lee♪デシタ。

              注:数字と語呂が版上合わないが、ケイタイで見るとばっちりよ

               そうそう。短歌や川柳、俳句等は 古典より「歌あそび」と申し候。

              節田の夕陽

              2007.06.28 Thursday 23:14
              0


                 みなさまこんばんわ。
                暑い毎日が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか?

                 今夜採り上げるのは私のお気に入りの1枚、奄美市笠利町節田の夕陽です。
                 前からアップすると言っていたのに、3月27に下書きしたまま何かと今になりました。
                こちらを撮られたのはアマチュアカメラマン RYUTAさんです。
                こちらのホームページを知り、その中から私の大のお気に入りの1ショットです。
                 素敵な写真がたくさんあります

                 私がこれを好きな理由は、先ず 色。
                私、あかね色 って好きなんですね。
                なんとも言えない心地いい色です。
                宅のカーテンの色もこれです。
                 この写真、とってもきれいに出てるでしょう?
                見た瞬間取り込まれてしまいました。

                 奥に続く岬たち。
                 もう、ずいぶん前にまだ大阪に居て帰省した折空港に父が向かえに来てくれ車中で言いました。
                ちょうど笠利のこの辺りに差し掛かったときです。
                「ホラ、むこうに市が見えるよ。」

                私のルーツには市(住用村)があります。
                行った事のない所。近くて遠い。
                 海から行った方が、早いんだね。

                そんな会話をしたのが20代前半。

                島に戻り、島の歴史について読むようになると、市とは帆船も入る(交易港)だったそうな。 市場。
                私の島のルーツは1820年まで遡ることができます。

                 海から行くほうが早い。そんな記憶をたどりながらまたルーツを探る、歴史書を読むきっかけを与えてくれたのも節田、「アマンデー」でした。

                みんな私のアマンデーのうた 覚えてる?(^^;)
                詳しくはこのブログを見よ。振り返ってくれたまえ-。(よかったら)
                と弱気なアタチ
                 カテゴリーの文化向上委員会の中にあります。。。


                 AMAMISM PHOTO by Ryuta
                 この写真を見て数時間後の就寝前に、写真の中に少し紺というか、宵がでてるでしょう?
                それが脳裏に不意に現れて、そこから夜の空へと運ばれて引き込まれてしまい
                夜の闇の中へと落ちていってしまいました。
                 その、少し紫がかった部分です。
                あんなことは初めてです。
                 ものすごい 余韻 を惹き起こしました。
                ワタシにはとても印象深い1枚です。



                 

                 

                 

                2年前のあの日 『NHKケータイ短歌』

                2006.03.12 Sunday 18:38
                0
                   わっ!また遅くなった〜\(~o~)/

                   こんなこともあろうかと今日の出勤は車ダ。
                  仕事をアップし、土曜はいつも遅くなる。
                  もう8時20分。夜のね。
                   今日はラジオの短歌サイト、番組放送の日なの。
                  サイト内で公募。
                  今日が放送の日なの。
                  送ったちば。
                  送った数は約5本。
                   知人に教えられ、やってみるとハマってしまっタ・゜・(>_<)・゜・
                  確か、7時15分〜の放送だったよなー、スペシャルに長いち。


                   早く聞きたい。
                   そそくさと乗り込み、ハハッ、チャンネルは合わせておいたのだーd=(^o^)=b
                  あまり駐車場にも長居できないし、 走らせる。
                  うーむ、聞いてると強者揃い!さすがのNHK短歌リスナー、しかも年齢十代ばっかじゃないかー!! エラいところに足を踏み入れたもんだ。

                  でも聞いてると、語呂がね、テンポっちゅうか、字余りっぽく聞こえるんだけどぉ、こんなんでいいんだ。参考になります。まじ、チョー自由。

                  うーん。今の初々しい恋のカンジが出てて、よかったね!
                    オッ!来たきた!!社会人チームでありまーす。 なんだー、年齢分けしてんのかよー。正直に申告してるもんなー。
                  まあ、無理もない、こちらも総決算のスペシャル。しかもお題は「制服」だもんね。主役は現役に。

                   もっと聞きたい。
                  お買い物もあるし、帰り道のロングビーチ・緑ストアーにて車を止める。

                  うーん、無理っぽい。
                  宴もタケナワ、もう8時40分過ぎている。もうすぐ終わりのはず。
                  番組ではクライマックス。ゲストの選んだ作品コーナーへ。
                  ふかわりょうさん。へえー、どんなの選ぶか聞いてみよー。
                  なるほど。
                  覚えてない。これ、2年前の話。
                  続きまして「山川えりか」さん!
                  あんたはエライ!!!

                  山川さんsaid
                   (はい!ワタクシはー、奄美大島の…)
                  待ったい!今、奄美大島ち言って?!言った!言った!!
                  私と知人は名前に奄美大島の〜と付けようね!と約束していたのであーる。
                  「マジー?!(^^;)」
                  「当たり前〜。奄美大島っちピーアールせんばー!(^∧^)」
                  言ったど。おい、連れ。聞いてるかー!?

                  Miss Yamakawa said
                   (えー、奄美大島のSao…これ、何て読むんですかあ?……ガヤガヤ…ヒソヒソ)
                  他の3人と相談してる!
                  She says,
                   (奄美大島のっ、サオ・Leeさん! )

                   違う違う、発音違ーう!p(>_<)q の上にアクセントぢゃなくて、の上にアクセントなの!!
                  ジーンズのLeeと一緒!(>_<")

                   (はい。課題の 制服シリーズです!行きます!

                        制服を 着ればそこから ショウタイム
                        メイク落ちても 笑顔 消さない

                    何のお仕事してるんでしょうね。プロの強さを感じますー)

                  との評価でございました。
                       接客業でーすd=(^o^)=b

                  この方はハキハキ喋る、元気のいいお嬢さんでした。

                   どう? 見ている方はしらけたんじゃない?
                  私のことだから、もっと色気のある内容で…、と思ったデショ。

                  送りましたよ、もちろんその辺も。。。

                      月明かり あなたと共に 揺れる影
                  あとは覚えてない。昔のケータイに入ってるの。

                      銀色の 蛇の調べに 、、、。
                  これも、覚えてない。
                  わたしの場合、忘れます、出し切ると。(^^;)
                  皆さんにも、記すことをお勧めデス。

                   番組は、あと「歌人」と呼ばれるセンセイがいて、その方のセレクトと総評や出演者のご感想などで締めくくり。

                  そうだ、知人にデンワを…。でも今日東京行くから……やっぱフライト中みたい。
                   
                   さっきニヤついていた時、知り合いの一族に見られちまった。変人と思われてないかな。
                  素直に嬉しかったー。(*^^*)v

                  まだときめく心を沈静化するかのように、気が付けば番組は終わり、天気予報へ。
                  低い 男の 声。
                   奄美大島の気温は……

                  なんとなく、この人の声が、微笑みながら喋っているように聞こえた。

                  はいはーい。奄美の私も聞いてるよー!o(^-^o)(o^-^)o
                   脳裏には、日本地図が浮かび東京と奄美に赤い星。そっからラインが伸びて繋がるのである。
                  いけない、あちこちからラインが出てきた。
                  さあ、そろそろ行こうか。


                   ★短歌★
                   五 七 五 七 七 に言葉を納める
                  ゼヒ、奄美から「歌人」など生まれてほしいものである。


                  ♪送ってみて♪
                  あの頃は、PC普及よりもケータイのサイトが充実してきた頃であり、番組ネームも「ケータイ短歌」でありました。この放送の日は、あの人が東京行った日だから、3月の17日ぐらいだったはず。調べたら15だった。4月になってケータイに、この番組のプロデューサーって方から、「個性的なうたをたくさん送ってきてたのに、最近はどうしてますか?」と直メが来たものの、迷惑メールが流行ってたので、私はビビッて返事もしなかった。今なら平気なのにね(><)
                  最近では すっかり おざなり。全く詠ってない、のはウソ。結構詠んでる。心の中で。うたがパラーミーに移行したのも事実。

                  でも熱情がないと、熱いのは、クミレンコさんが言うHOTなのは作れない。熱情がないと…。一句できた。

                   熱情も置き去りのまま時は過ぎ
                   されど心に くすぶる火を 見ん

                  いつでも燃えるわよ。

                  パラーミーに "LIGHT ON FIRE "by DOORS でも入れましょうかね。
                  ZEPPELIN はやってみたい。とずーっと言ってるの。YES!

                  今日は一句記せたし、よかったよかった。

                  よかったら、みんなの「うた」も聞いてあげるよハート
                  愛してるわラブ
                  コメント蘭に書いといて抱擁

                  (*^^)/


                  Sao-Lee〓
                  category:文化向上委員会 | by:Paradise Amami Sao-Lee♪comments(0) | - | -

                  詩(うた) あとがき

                  2006.03.02 Thursday 19:46
                  0
                      ハロ、ハロー(*^^)/エッブリバディ☆お元気かね?!

                      今日はあとがきね。


                     もう4年以上前でしょうか。
                    「アマンディー」同名タイトルのピアノ作品集を知り、意味を聞くと(神様の降りる場所)なのだそう。音の響きもいいし、なんだかステキ(*^^*)♪とホンワカ気分に。
                    しかも場所は、ワキャ奄美。
                    そしてあの、男女が向かい合って六調踊ってるの言葉に、私の心臓の鼓動は激しく高鳴るのでした。
                    英語で言うたら、ハートビートね。

                    聞こえる?  私のハートビート。ラブ

                    ルー大柴みたいね、わたし。

                     んもー、あの時のハートビートは抑えられなくて、島んチュの熱い血潮を感じた次第ですぅ。熱にうなされたような感じち言ったらオーバーだけど、ほんとそうでした。
                    みなさんの中にもあるデショ??

                    で、熱につかれたまま書店にて島の資料を買い求め、紐解いてみるとありました!「アマンデー伝説」!!(奄美グラフ発行/島のよもやま話)
                    なんと、民芸発祥の地なのだそう!みんな知ってた?!
                     頂上には奄美の始祖・阿麻弥姑神社があるそうな。(男神と女神がいて島を創った。こちらは女神。)

                      同音語 amant(情夫、男の恋人) amande(アーモンド) 共にフランス語



                    *六調について
                    そもそも六調は、男女が向かい合い、胸や肩などを叩きながら、歌を掛け合った、と記されている。
                    私が初めて踊ったのは、まだ1年前。
                    スーパーシンガー朝崎郁江さんのライブにて。
                    共演の若いイケメン唄者のRock調ビートにのせられてしまった・゜・(>_<)・゜・
                    それと、完全にヒートアップした会場にも押され…。
                    手ぇ引っ張られても行かんかったのに…。
                    その辺極めて消極的であります、ありました。内向的で、今でも時々…。


                      さて、私の(あまんでーの詩)は、節田の知人に送りつけていたもの。
                    いろいろ送りつけると、「魂の叫びだ」とか、ソフトに評価してくださいます。
                    その彼が文学部卒であったため、あるサイトを私に紹介してくださいました。NHKの短歌のサイトでーす。
                    「課題」と「自由課題」があってね、あれはちょうど今ごろ、卒業シーズン。課題は「制服」でしたー。わたし、送ったら一発オーケー。詠みあげられたんです!
                    素直に嬉しかったなぁ(*^-^*)
                    ゲストは、ふかわりょう。山川えりかサン。あと短歌の先生と司会アナウンサーの4人構成でONAIR
                    時折テレビでもあるそうで、あの時は2時間程のスペッシャルでした。
                    ゲストの山川えりかサンのお気に入りとして詠・ま・れ……(*^^*)v

                    次回はその時の模様と、NHK短歌サイトのリンクアップをお届けでーす♪簡単なのよ、自由なの。
                    お楽しみに♪♪♪

                    (*^^)/バイビー

                    Sao-Lee〓

                    アマンデー2006

                    2006.03.01 Wednesday 23:56
                    0
                       どーもー。こちらは文化向上委員会・パラダイスアーミーのSao-Leeでーす。
                       桜弥生三月のスタートは雨。全国的に雨模様になりました。少し寒いですね。

                       えー、その、もう2年程前ですが、笠利地方のアマンデーに関連する知人がおりまして、その知人と電話で話していたところ、
                      今ね、節田で男女が列になって六調踊ってる
                      の言葉に感化され、できた詩(うた)があります。

                      では、Sao-Leeさんどうぞ♪



                           あまんでー
                           アマンディー
                           すてきな言葉

                           アマンデー
                           あまんでぃー
                           Sounds Good♪(*^^*)

                           あまんでー
                           アマンディー
                           してはダメなの
                           あまん切り

                           アカンでー




                      Sao-Lee〓

                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM